2013年3月


生活保護受給者の車所有

生活保護を受給したいが、車を持っていると受給できないのでしょうか?

保護法に運転禁止とは載ってないと思うので、それを保護課はどう解釈し指示するかという点がポイントです。生活保護の受給は、国民の最低限の生活保障のため、通常は公共の交通期間を、利用しなければなりませんが、身体に障害がある場合などはタクシーによる通院などが福祉課で認められます場合があるようです。
車は、現代社会では、地域によっては不可欠なこともある思いますが、福祉では車を持てるのであれば、相応の収入があると見なされることが多いようです。最近ニュースでも良く、生活保護受給者が車乗ってるっと言う事だけで、受給取り消しになったようなことが取り上げられています。

もしも生活保護受給者であるあなたの車を持っていれば必ず車検を受ける時期が訪れます。車検時に何かしらのルートで保護課に連絡が行ってしまう可能性があります。また、万一あなたが自家用車を持っていて、生活保護を受給中もしくは受給を検討しているのであれば、今すぐにあなたの車の売却査定してより高く売却できるような準備をしておくべきです。生活保護受給中であることがばれずに、複数の業者から無料で一括見積もりができる登録フォームは以下です(意外と高い金額がつくかもしれません)。入力する個人情報は、「ズバット車買取比較」というサイトを運営する株式会社ウェブクルーを経由して車買取専門業者に渡しますが、情報セキュリティマネジメントシステムの国際認証基準である「ISO27001」(通称:ISMS)の認証を取得しており個人情報に関する取扱いはきちん外部監査を受けていますので、お名前、電話番号、郵便番号、住所、メールアドレスを入力しますが、安心して大丈夫であることを私自ら登録して確認済みです。 また当サイトに入力情報は残りません。

その他、生活保護受給中であることがばれずに、複数の業者から無料で一括見積もりができるサイトは以下です。実際に直ぐに売却しなくても無料であなたの車を査定してくれますし、複数登録可能です。複数登録することでより高く売れる可能性が高まります。

1位:ズバット車買取比較.com

2位:かんたん車査定ガイド

3位:カーセンサー.net簡単ネット査定

4位:カービュー

5位:楽天無料愛車一括査定

6位:車買取EX

生活保護受給中の知人は、生活保護を申し込む前にズバット車買取比較.comかんたん車査定ガイドに車の売却査定額を相談したところ、最大で10万円くらい違いがあったそうです。時間さえあれば全ての一括見積もりサイトに登録してもう少し高く売れたかもしれないと悔やんでいました。私の知人のようにならないように、生活保護受給を検討している方は、至急あなたの車を査定してもらった方が良いと思います。

車検にかかる費用

車検にかかる費用は大きく分けて車検費用(点検整備料金)と法定費用に分けることができます。 車検の費用は車の重さや地域によっても異なってきますので事前に確認が必要です。
このページでは車検の際に必ずかかる費用について、ご紹介いたします。

車検料金(点検基本費用)
24か月定期点検量 15000円~40000円前後
保安確認検査料 6825円前後
検査代行手数料 1100円~1800円
※車種によって金額が異なる場合がございますのでご了承ください。

法定費用
・自動車重量税
(車検時に国に納める自動車税) 7600円~50000円前後

・自賠責保険
(24か月~25か月) 22000円~26000円前後

・印紙代
(車の検査を受けた上で、自動車検査証の交付を受け取るための費用) 1100円~

上記が車検の際に必ずかかる費用となります。
※車種によって金額が異なる場合がございますのでご了承ください。
また自動車重量税については一定の排気性能と燃費基準を満たした車を対象とした減税制度があり車検を行う際に50%~最大100%減税される制度があります。 是非一度参考にしてみていただけると幸いです。

これだけお金がかかるのであれば、車を買い替えてしまうことも検討すべきなのです。あなたの車も意外と高く売れるかもしれません。 以下のフォームに入力するだけであなたの車の売却金額を複数の車買取業者から取得することができます。入力する個人情報は、「ズバット車買取比較」というサイトを運営する株式会社ウェブクルーを経由して車買取専門業者に渡しますが、情報セキュリティマネジメントシステムの国際認証基準である「ISO27001」(通称:ISMS)の認証を取得しており個人情報に関する取扱いはきちん外部監査を受けていますので、お名前、電話番号、郵便番号、住所、メールアドレスを入力しますが、安心して大丈夫であることを私自ら登録して確認済みです。 また当サイトに入力情報は残りません。

その他、複数の業者から無料で一括見積もりができるサイトは以下です。実際に直ぐに売却しなくても無料であなたの車を査定してくれますし、複数登録可能です。複数登録することでより高く売れる可能性が高まります。

1位:ズバット車買取比較.com

2位:かんたん車査定ガイド

3位:カーセンサー.net簡単ネット査定

4位:カービュー

5位:楽天無料愛車一括査定

6位:車買取EX

生活保護受給中の知人は、生活保護を申し込む前にズバット車買取比較.comかんたん車査定ガイドに車の売却査定額を相談したところ、最大で10万円くらい違いがあったそうです。

エコカーは買取に有利

トヨタのプリウスに代表されるエコカーは新車買い替えの際に補助金が出たり 燃費が良いため中古車でも人気が高いのではというイメージをお持ちではないでしょうか。

結論から言うと・・
エコカーは人気車種の高年式であれば買取にも有利 この理由はエコカー減税に関して 高年式であれば中古車の購入でも適用することができるからです。

※エコカー減税とは環境対応車普及促進税のこと
エコカー減税とは「自動車税」「自動車取得税」「自動車重量税」が優遇される制度のことですが、 一定の基準を満たしているエコカーに対しては、 新車の場合に自動車取得税と自動車重量税を最大で全額免除するなど、大幅な減税を盛り込んだ 平成21年の4月から平成23年までの約3年間、現行のグリーン税制の特例措置として実施される予定の税金制度です。

エコカー(特にハイブリッド車)は買取を依頼する際も有利な車種が多いということができます。

売買成立後のトラブル

やっと車が売れた!という場合でもトラブルはつきものです。
ここでは特に多いトラブルの2点をご紹介します。

よくある買取後のトラブル その1
査定金額の減額、契約を解除したいという依頼
売買が成立した後に、その車の欠陥が見つかり契約の解除を依頼されるというパターンです。 エンジンに実は欠陥があった、走行距離のメーターを巻き戻していた、過去に事故を起こしていた。 等々原因となる事象は様々なものがあります。 契約解除の依頼があった場合は証拠となる契約書の提出、確認を求めるようにするとよいでしょう。

よくある買取後のトラブル その2
名義変更の手続きが遅れることによるトラブル
購入条件や金額の調整に目が行ってしまい、オーナー所有者の名義変更が遅れてしまうことがあります。 所有者が自分のままに購入者が事故などをおこしてしまったらその責任の一部を追わなくてはならない場合があります。 名義変更の手続きは買取業者、購入相手含め迅速に進めるようにしましょう。

起こりうるトラブルはこれ以外にもありますが、 車を買取る側との交渉は慎重に行うようにしましょう。

車を高く売る方法(買取額アップ交渉術)

自分の愛車を買取や下取りに出す際、1円でも高く買取ってもらいたいものですよね。
買い取り相場というものは結構知られていないのですが新車であっても登録(ナンバーを発行完了)した段階で7割程度になるといわれています。
高く売るためにディーラーや買取業者と交渉を持つ際何を知っておけば良いのでしょうか。 自分の車の査定における最低ライン・最高ラインの相場を把握しておくコツとなるのはズバリ、自分の車の査定における最低額・最高額の相場を知っておくという点になります。

ではどうやってその相場を知ればよいのでしょうか。

おすすめはインターネットの一括見積もりサービスです。

1社1社車の買取業者に電話をして見積もりを取ると非常に手間が掛かりますがネットの一括見積もりサービスを使うと、自宅にいながらして、メーカー、車種、年式、を入れるだけで 30秒足らずで1社ごとに見積もりを取ることができます。

車を売る時期

自分の車の市場価格の目安を調べた後は いつ自分の車を売るか?という点を決める必要があります。

どうせなら高額買取をしてもらえる時期と合わせた方がいいですよね。
あまり知られていないのですが一般的に、車を売却する方が最も多い期間は5~6月、11~12月といわれています。 中でも5~6月は引越しや結婚の関係で、 11~12月は年末に必要となる資金不足で、車を買取りに出す方が多いという調査結果が出ています。

車が高額で売れやすい期間、時期について こちらは3月~9月の間といわれています。

月単位で見ると特に「3月」と「9月」がおすすめです。 (査定される方によって金額が上下したり他要因により金額は変化するため100%この時期が良いというわけではないのでご了承ください)
期間のおすすめ理由としては3月と9月は買取業者とディーラーさんの決算期であること また4月~8月は免許の新規取得者が増える時期でもありますので、 この期間については車の購買意欲が1年の中でも比較的高い時期ということができます。

車種別に売れやすい時期について
新生活が始まる4月については軽自動車やコンパクトカーの需要が高まると言えます。 逆にキャンプやスキー場に行く方が増える3月~7月、12月~3月はオフロード車やワゴン車が高く売れると考えることができます。

あなたも是非季節要因を上手に捉えて車買取の依頼をするようにしましょう。

自分の車の適正価格

車を売りたい人のほとんどが査定前に自分の車の市場価格を知りません。
車の状態だけでなく、売る時期によっても価格は異なってくるのが現状です。車の買い取り価格は、季節はもちろん、メーカーによる新モデルの発売や販売数人気の推移等、様々な要因が影響して決まるものなのです。

下記にて自分の車の価値を調べる方法をご案内します。

自分の車の価格を知る方法について
・売ろうとしている車の新車価格を調べる
・走行距離を把握する
・年式を調べる
・人気の色を調べる
⇒ホワイト、ブラック、シルバーの色はどの車種でも比較的人気が高いということができます。

その上でディーラーさんに依頼をすることで詳細の金額を把握することができますが正直結構手間がかかります。

当サイトが一番のおすすめ方法としてご紹介したいもの、それは複数社に査定を依頼車の買取専門店で査定です。

当サイトでは買取専門店から一括で見積もり取得できるサイトを評価していますので、是非チェックしてみてください。
インターネットの車買取専門サイトでは「車種」や「年式」、「走行距離」といった必要事項を入力するだけで大体の買取価格が算出されるので、自宅にいながらしておおまかな相場を知るには最も良い方法といえるでしょう。


下取りと買取の違い

次の車に買い替えたい車を売る際、「下取り」と「買取」という表現をよく耳にすることがあるのではないでしょうか。
この2つのキーワードは違う意味を持っています。

車の下取り、買取はどこが違うの??
下取りとは「今乗っている車を売り次の新車に買換える購入資金にする(同じ販売店にて)」ことを指し 買取りとは「車を買取り専門業者に売り現金をもらうこと」を指します。
多くの人は自分の車の価値があるうちに、次の車に乗り換え購入資金に充てるための 元手として中古車の買取査定を行って車を買い取ってもらうでしょう。
買取、下取りに関してそれぞれ一長一短ありますが、まず確認してほしい点としては 自分の売ろうとしている車が中古車市場において人気の車種であるかどうかを 事前に確認するようにしましょう。一般的に車の人気度が高いほど新車を販売するディーラーさんに 買取ってもらうよりも買取専門店のほうが価格が高くなるケースがあります。

車買取業者にチェックされるポイント

車の査定依頼を出すからには高額な査定をしてほしいですよね。。。 査定士の方が見ているポイントはどこなのでしょうか。

要点となる部分について簡単にご紹介をいたします。

車の外観確認
・フロントガラス、サイドミラー、ヘッドランプにキズがないか。
・車両に傾きや凹みはないか?
・車高に異常はないか?
・ナンバープレートに変形や破損がないか?
・違法な改造箇所はないか?
・タイヤのホイールに破損や異常がないか?
・室内部分の確認
・エアバックは正常に動作するか?
・マットやシートに汚れがないか?
・オーディオは正常か?
・カーナビは通常通り動くか?
・エンジンルームの確認
・冷却水、オイルの量及び汚れの確認
・修復歴がないか?
等々・・・

車は1台査定をお願いするだけでもこれだけの確認事項が入ります。 少しでも高く買取ってもらうために あらかじめチェックされるポイントは必ず事前に確認するようにしましょう。 自分で手入れできる部分もありますので事前に把握しておくとよいでしょう。

車を売却/買取する際の必要書類

売却の際に必要な書類ですが、自分で用意するべき書類と売却先に用意をしてもらう書類の2つに分けることができます。

自分自身で用意する必要のある書類
・自動車検査証(車検証)
・印鑑登録証明書(印鑑証明)
・自動車納税証明書(自動車税)
・リサイクル券(預託済みの場合)
・実印
・車が売れた際の入金振込先 口座番号
※自動車車検証と印鑑証明証の住所が異なる場合は住民票が必要になります。

売却先に用意してもらう書類
・譲渡証明書
※車を譲渡、名義変更する場合に必要となる書類です。
(個人間で車の売買をする場合は陸運局で手に入れることが可能です)

車買取を依頼する前に今用意できていないものがないか確認をして整理しておくことをお勧めいたします。